ひかりかがよう

20世紀の終わりから21世紀の初めの若者たちのことばです!

飛んでやる、めっちゃ大好き仲間たち

f:id:hakusangogo:20181014081540j:plain

 

 しばらくエッセイが続きました。久しぶりに句会です。よろしくお願いします。

 2006年3月、1年生の俳句と短歌です。ひとりの持ち点は3点で、それを2点と1点に分けて40以上の作品に投じました。さて、優勝した作品はどれでしょうか?


ア・マイブーム毎朝食べれるメロンパン                             男子

   毎朝メロンパンを楽しみにするって、男女それぞれ、好みはいろいろです。てっきり女子の作品かと思ったら、そうではありませんでした。

 

イ・この教室桜咲くころさようなら                                  女子

   こういう作品は、女子が得意とするところです。男子には教室への愛着なんて、もっともっと時間が過ぎないと起こらないかもしれません。そして、何十年後、校舎が無くなるとか、そういう時にバタバタするんだろうな。もう、遅いよね。

 

ウ・オレの道決めたことならやり通す                               男子

   ああ、あの野球部の彼の作品ですね。この夏、彼に会いましたね。もっとお話ししたかったな。でも、ホテルのパーティ会場でしんみり話すって、絶対できないです。だから、今度会えたら、お話して欲しいです。チャンスあるかな……。

 

エ・どこ行った一年前の自分の目               男子

   わりと深刻なアピールです。1年生が終わろうとするとき、もう入学したころの真剣さを失っていると気づいた時の怖さ・悲しさ。この驚きは大事にしたいですし、1年と区切らなくても、とにかく初心に戻る気持ち、忘れたくないなあ。

 

オ・飛んでやるもっと自由に空高く夢をつかんだ私は大っきいよ   女子

   あの大人しい彼女にして、こんな物言いができるから、短詩っておもしろい。実際のしゃべりでは絶対に口にしないことばが、何だかプイっと出せるんだから、ぜひ飛んでもらいたいな。まあ、彼女はそういうのを上手に表現できる人でした。

 

カ・一のDめっちゃ大好き離れたない二年になっても大事な仲間   女子

   彼女は短詩の名人として、クラスではたくさんの支持を集めていました。名前は伏せてあるのに、みんな知らずに彼女の作品に吸い寄せられるんだから、表現力があったんですね。私はひねくれ者ですので、生徒たちの支持がわからなかった。

 

キ・「ありがとうずっと一緒にいてくれて」夢で遭えたら言いたいよ   女子

   そうでした。彼女はFBのともだちでもあります。最近結婚したみたいです。昔から恋多き女として知られていました。でも、私はあまり教えてもらえませんでした。まあ、オッサンだし、話し相手にもならなかったんだろうな。

f:id:hakusangogo:20181212165647j:plain

   
                                         ★ 優勝は「カ」でした!  ああ、やっぱり!