ひかりかがよう

20世紀の終わりから21世紀の初めの若者たちのことばです!

未来への手紙 2007

f:id:hakusangogo:20210429162041j:plain

◆ 未来への手紙

 

2H・十年先のお父さんへ 十年前は大変お世話になりました。今は、私にたくさん親孝行してもらっていますか。  Hさん

 どうなんだろう。娘さんからこんなこと言われたら、お父さんとしては泣くしかないよな。うちは、ちっともいいことはないけど、悪いこともないから、それは幸せです。それをもっと口に出して言わなきゃね。

 

十年先の私へ 十七の私は日々を楽しんでいます。あなたも楽しんでいるでしょう。ドレスも着ましたよね。 Tさん

 そんなことしてますか? もう14年は経過しているわけですか。たぶん、友だちの結婚式か何かで着たんじゃないですか。他には何がありますか? 新しい家族は増えたかな。

 

百年先のあの人へ 花は咲いていますか? 星は見えますか? 人はロボットになっていませんか? Aさん

 100年先のことはわからないですね。とにかく、私みたいなアナログなオッサンでも、スマホを持つようになりました。でもまだ、スマホで音楽を聞くとか、動画を見るとか、そういうことはできていません。

 

十年先の自分へ 教師として頑張ってますか。教育委員会やPTAにビビらずに校長めざしてください。  Kくん

 彼は目標通りに教員にはなりました。この手紙みたいに管理職をめざしているのか、それはわかりません。でも、ものすごくキレイな字を書く子でしたので、生徒たちは素直に聞けるだろうな。一歩ずつ進んでるんでしょう。


今あなたは幸せ? 野菜ジュースは飲めるようになった? あなたの横に私はいますか? Oさん

 野菜ジュースが苦手だったんですね。こんなことをスッと書いてくれるところ、彼女のセンスを感じました。そういうのをにじませてくれる、まわりをあたたかにしてくれる子だったから、そりゃ、幸せなんじゃないかな。

 

十年先の旦那さんへ もしあなたがあの人じゃないなら、あなたは生涯で二番目に好きな人です。ごめんなさい。  Yさん

 そりゃ、いろいろと恋をしたら、いろんな人に出会うでしょう。もう立派なお母さんになっているのかなぁ。今も恋しているんでしょうね。まだ若いもんな。彼女に愛される人は幸せです。そして、いつもドキドキしていられるのかな。

 

f:id:hakusangogo:20210317060038j:plain

 

Kくんのこと

f:id:hakusangogo:20201215213512j:plain

 

 参宮街道をたどって、宮川の渡しにあと少しというところ、有名なお餅やさんの本店があるあたり。そこに何度か家庭訪問したことがあります。

 

 学校に来れなくて、「どうしているの? 大丈夫なの? 何か問題があるの?」と訊きに行ったんでしたね。

 

 それから、しばらくすると、学校に来ることができたりしたんですが、またしばらくすると、来られなくなりました。

 

 何がいけなかったのか、今も分かりません。ひとりっこで、真面目で、お父さんもお母さんも熱心で、本人も行きたい気持ちはあったと思うんです。

 

 人間関係も悪くはなかったと思うんだけど、それでも来られなかった。1年生の後半からポツポツ休むようになり、どうにか2年生になり、そこからはかなり大幅に休むことが続きました。

 

f:id:hakusangogo:20210314162130j:plain

 

 夏を越え、秋の文化祭も乗り切り、あとは3年生、いよいよ締めくくりというところ、そこでお父さんの仕事の関係で滋賀県に引っ越しすることが決まり、仕方がないので転校の手続きをして、書類などを持って滋賀県の学校にお願いに行ったことがありました。

 

 2月ごろでした。

 

 そして、転校して、そこから連絡は途絶えてしまいました。というか、私に連絡手段がなかった。そのころに、ちゃんとケータイ電話でも持っていれば、あれこれとつながるようにしたと思うのですが、私のことだから、それもどうだったのか、わかりません。

 

 若者は、学校は好きなんだけど、どうしても来られない時があります。どうして来られないのか、それはわからないけれど、若者にとっていろいろな理由があると思われますが、行けないのなら、行かなくていいと私なんかは思ってしまいます。

 

f:id:hakusangogo:20200813053020j:plain

 

 でも、学校を拒否するということは、社会を拒否することになりやすく、社会を拒否するということは、お仕事ができなくなる可能性もあるので、本人が何かをやりたいという気持ちになるまで、ものすごく大変な、自分の道が見つからない苦しいところを歩くことになるので、世の中の冷たさ・厳しさを乗り越えにくくなります。

 

 Kくんはどうしているんだろう。元気でいるとは思うけれど、実際には何をしているのか、連絡手段もない私は、ただ祈るばかりです。

 

 お父さんも、お母さんもとても優しいし、情熱的でした。彼もその優しさを受け継ぎ、いろんなところに気働きのできる人だったと思います。

 

 どうしているんだろう?

 

 彼のおうちに行かせてもらって、手作りのチャオズを袋にたくさんもらったことがありました。キャベツ入りで、新食感だったのに、食べきれないこともありました。冷凍して少しずつ食べればよかった。

 

 いつか会いたいけれど、もう会うチャンスはないだろうな。それが人生というものですね。会いたいと思った時に、最大限に会って話して、何もかも気持ちを尽くして話しておかなければ、そうすれば、少しは気持ちも通じると思うんだけど、それがちゃんとできていたのか、今さらながら気になります。

 

f:id:hakusangogo:20200504162534j:plain

 

ひかりのある方へ

f:id:hakusangogo:20210308221205j:plain

 

 お元気ですか?

 

 連休の真ん中の三日です。憲法記念日だそうです。何か憲法を記念するイベントないのかな。おもしろいイベントでもあればいいけど、政治的なのはイヤだし、何のための憲法記念日なんだろうね。

 

 政治って、めんどくさいものなんでしょうか?

 

 本当は、そんなものではないと思うんだけど、政治に関わって、人間関係がこじれてしまうのがイヤですね。今までの関係の上で、さらに進歩的につながるのではあればいいんだけど、「政治がらみ」という言葉でもわかるんだけど、政治の人たちがやってくると、何かと面倒だし、騒がしいし、わざとらしいし、ウソっぽいからイヤです。

 

 そうでした。政治とウソって、コンビみたいなものでしたね。世の中が変わる時もあるけど、たいていはそうなのかと信じていたら、とんでもないことになります。

 

1 オリンピックをどんなことがあろうとも、実施・成功いたします。

2 国民の暮らしを守ります。

3 国内産のワクチンを作ります。

4 わが国は感染を抑えています。

5 物価を上げて、経済を再生させます。

 

 どれを聞いても、あっそーと思ってしまうでしょ。どれも当てにできない。でも、私たちはそういう政治家しか持てていない。

 

 オリンピックを中止しよう。ワクチンを作れるように、研究者たちをサポートしよう。物価よりも、莫大な国の借金をなんとかしなくては! 

 

 そんなことを言える人、出てこないかなあ。

ビラ星人、円盤は無防備でしたね!

f:id:hakusangogo:20210502085325p:plain

 

 はるか宇宙から、地球の人の時間を止め、いつでもどこでもモニター画面から人間をコントロールしてしまう科学力と技術があるのに、いざ地球に侵略してみたら、わりと簡単に光線で円盤はやられてしまってました。

 

 ビラ星人、もう少し計画的に地球に侵略したらよかったのに、あまり細かい計画はなかったんですね。残念でした。

 

 これって、さっき見た「ウルトラセブン」第5話の(消された時間)について書いているんですね。

 

 でも、どうしてここに書いているの?

 

 いえ、最近ネタがなくて、ずっと書いてないから、ついここに書いてしまいました。昔のファイルを探して来なくちゃね!

ピンクシャツデーでした!

f:id:hakusangogo:20210429062700p:plain

 そんな日があったなんて、私は知りませんでした。

 

 カナダの学校で起こった運動のようです。

 

 ピンクの服を着ていた男の子に、「女みたいだ」とからかう人がいたそうです。

 

 そのあと、そういういやがらせに負けないために、ピンクのポロシャツをみんなで着て、みんなでつながって対抗したということがあったそうです。

 

 でも、それをわざわざ日本でしなくてもいいじゃないの?

 

 という声もあるかもしれないけど、みんなでやれるところから取り組んでみる、よその人への発信ではなくて、中の人たちがお互いに、「そうだよな、ひとりだけ仲間はずれにさせるのはよくないよな」と思う気持ち、そういうのを持っていけたらいいですね。

 

 それで、昨日の4月28日は、学校全体で取り組んでいましたし、LHRでもお互いをそういう気持ちで見られたみたいでした。

 

 ありがたいことでした。私も赤のシャツ着てお仕事に行きました。まあ、還暦を過ぎてますから、許されるんですけどね。

 

f:id:hakusangogo:20210417174411j:plain

 

 みなさん、お元気ですか?

 

 私は今、津の南側でお仕事しています。渋滞で一時間かけて行っています。クルマを運転していると、いつもドキドキで、心臓がしんどくなるなあと思っています。いろいろとガタが来るんですなあ。何だか悲しいけど、それが人生というものなのかな。

光の季節へ 

f:id:hakusangogo:20200516165025j:plain

 あんなに寒かった季節も、もう花粉だけになりました。その杉花粉も、今朝の天気予報ではピークを過ぎたそうです。

 

 そうなんだろうか? 私たちをだますために、フェイクニュースを流してるんじゃないの? そう思いたくなるような、最近の花粉状況です。頭は痛いし、熱っぽいし、鼻水は出るし、集中力はないし、クルマを運転しててもクシャミは出るし、クシャミをしたら目をつぶっちゃうし、とても危ないし、もうメロメロの日々です。

 

 季節はわりと早く進んでいるようです。ソメイヨシノも少し早いという噂です。どうしてサクラたちもあわてて咲くんだろう。

 

 一応条件は満たしたんだと思いますが、温暖化は進んでいるんですね。去年はなかった台風は今年はやたら来たり、梅雨が遅くまで続いたり、何だか落ち着かない季節の移り変わりです。

 

f:id:hakusangogo:20200524075459j:plain

 私は、まだ同じことをしています。新しい仕事をやりたいという気持ちは持ってましたけど、それをやるための準備もしていません。

 

 合唱団に入りたかった。絵の勉強をしたかった。古本屋さんをやりたかった。ヨーロッパに行きたかった。

 

 どれも、やれていません。四月から、それができる保証はありません。自分がどれだけお金と時間を作れるかどうかにかかっています。

 

 ぜひ、努力してそういうのに向かっていきたいけど、言い訳しながらやらない気がします。ああ、私って! ナマケモノで、グータラなオッサンだ。

 

人がいない学校

f:id:hakusangogo:20200510070630j:plain

 

 時々、学校のそばを走ります。藤の花もなくなったし、サッカー部も知らない人たちばかりだし、先生方は知ってるひともいるんですけど、わざわざ訪ねる用事がないし、仕方なしに通り過ぎるだけです。

 

 それが悲しくてなりません。

 

 12年間もいさせてもらったのに、私の居場所はそこにはありません。何か、私みたいな者でも、来ていいよということであれば、喜んで行かせてもらうんだけど、お声がかかることはありません。

 

 もっとみんなから声をかけてもらえる存在になりたかったのに、それは無理でした。努力が足りなかった。

 

f:id:hakusangogo:20200509101103j:plain

 だから、こうしてネットに片思いの気持ちを書いて、昔を懐かしがってるだけです。それはそれでいいんでしょう。

 

 私になんて、用がないのが当たり前です。でも、いつか呼んでくださいね。せいぜい頑張ります。人も時間も流れていくけれど、そこに私がいたというのは事実だから、それは確かにそうなんだから。それを認めてくれる人もいるんですから、その人たちを頼りに生きていきます。

 

 学校って、歴史や伝統、建物・施設、ついそこに目が行きがちだけど、そこを通り過ぎた人間にとっては、建物なんてどうでもよくて、そこに自分がいたと、何人かの人と出会えたこと、それがいのちです。それがいつまでも残っている。

 

 さあ、私も新しいいのちを探して、今日一日しっかり生きていけるかな。花粉症はしんどいけど、せいぜい頑張ります。

 

f:id:hakusangogo:20200504162534j:plain